白雪美白にはどんな成分が入ってる?その効果は?

白雪美白はオールインワンで一つだけで肌のケアができるものです。
普通なら美容液や乳液、クリームなどを使って肌を整えていきますが、なぜ白雪美白は一つだけでケアできるのでしょう?
ここでは、その中に含まれている成分にはどのようなものが入っていて実際にどのように肌に影響を与えていくのかを詳しく説明していきたいと思います。
購入を検討されている方は是非参考にしてみてください♪

>>白雪美白の詳細

美白を作り出す2つの薬用成分

トラネキサム酸

人口的に合成されたアミノ酸の一種であるトラネキサム酸は元々は止血を目的として開発されたもの。
医療の現場で使われていたもので、他にも炎症やアレルギーを抑える効果があり、湿疹やじんましんなどにも使われるものです。

紫外線を浴びると、シミの素であるメラニンを作り出す細胞「メラノサイト」の周りにある肌細胞から、メラニンを作らせる情報が伝達されますが、トラネキサム酸には、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用もあり、それにより美白効果も期待できます。

具体的には、そばかすや肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着といったシミに効果があるといわれています。
また、皮膚の赤みやかぶれなどにも効果がありますので、ニキビ痕がシミになるのも予防してくれます。
さらに、トラネキサム酸が得意とするシミのなかでも特に肝斑に効果的なものとなります。
予防的な要素が強く、即効性はないですが、徐々に効果は得られるとされています。

特別慎重に扱わなくてはいけないものでもなく、大きな副作用もないと言えます。
安心して使用できることもあり、湿疹やじん麻疹、のどの赤みや腫れ、口内炎などに処方されたり、化粧品や歯磨き粉・サプリメントなどにも、よく利用されているそうです。

グリチルレチン酸ステアリル

グリチルレチン酸は漢方で知られる甘草から抽出された成分で、それを酸で分解したものがグリチルレチン酸ステアリルです。
美容に関する効能は非常に多く、皮膚炎症、かぶれ防止、肌荒れ防止、ニキビ予防・悪化防止などで広く利用されています。
他にも抗炎症作用、抗アレルギー作用、細菌発育阻止作用などがあり、油脂原料によく溶ける性質をもっている為、クリームやオイル系化粧品に多く使われています。
皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、わずかな眼刺激性が起こる可能性はあるものの、天然由来なので安心して使えることも特徴の一つです。
インパクトがゆるやかで、長く使い続けても副作用がなく安全性が高い成分です。

5つの天然由来成分

ユキノシタエキス


ユキノシタは岩場や湿った日陰などに自生する多年草のことで、そこから抽出した成分となります。
ユキノシタは古くから使われており、薬草として火傷や凍傷の手当て、中耳炎やかぶれなど接触性皮膚炎、虫刺されにも効果があるとされてきました。
煎じて飲むことで風邪の症状改善や予防、解熱や解毒としても作用があると言われています。

美肌にも作用することで知られていて、活性酸素の除去が出来るのでエイジングケアに良く紫外線の影響で皮脂が酸化するのを防止するので肌をダメージから守ります。
その他にも、ニキビ予防、肌トラブルの改善、シミ・シワの改善等にも良いと言われ老化を防ぎ肌の修復にも役立つのだそう。
ユキノシタはお茶にして飲んだり、天ぷらにして食べたりと食用にも用いることができるようなもので、副作用はなく安全だといわれています。
毒性もなくオーガニックコスメとしても利用されています。
化粧下地としても使うことができ、敏感肌の方でも安心して使えます。

ボタンエキス


一般的な美白のプロセスというのは、メラニンの生成を抑えることでシミの原因となる色素沈着を抑制していくというものです。
しかしボタンエキスの美白方法はそういった方法とは異なる事が判りました。
急に強い紫外線を浴びたために、皮膚表面の組織が炎症を起こすサンバーンという状態を抑える高い効果を持っているのですが、色素沈着の原因となるメラニンの量も減少する事が判明したのです。
ボタンエキスはもともと漢方成分として、使用されていた経緯もあり、毒性や副作用の報告はありません。

アロエエキス


最も広く知られている天然由来の成分の一つであるアロエエキス。
その効能はとても広く、万能薬とも言われています。
美肌に関するところでの効果を簡単に挙げてみました。

アンチエイジング

肌のハリや弾力は、真皮という層に網目状に張り巡らされコラーゲンの線維によってもたらされますが、コラーゲンは年齢とともに徐々に少なくなっていきます。しかし、アロエエキスを肌に塗ることにより、コラーゲンの量が増えたという報告があるようです。
コラーゲンは、皮膚の約40%を占めるいわば肌の土台で肌の弾力を作り出し、皮膚の表皮細胞の新陳代謝を促し、肌の老化を防ぐ役割も果たしています。

日焼け

元々火傷に効くとされていたアロエですが、もちろん日焼けにも効くものです。
日焼けした後の肌は軽い火傷と同じ状態で、アロエの成分には抗炎症作用があり、炎症を鎮めるのに役立ちます。
それだけではなく、保湿効果やターンオーバーを促す効能などの複合作用によって、日焼けした肌のケアに効果的なのです。

シミそばかす

シミやそばかすの元であるメラニンの生成を少なくする働きがあり、さらにメラニン色素の沈着を予防する効果があります。
アロエに含まれるアロエシンという成分は、メラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを阻害し、シミの予防に役立つといわれています。
さらに肌の新陳代謝を促す作用があるとされ、ターンオーバーを理想的な28日周期に近づけメラニンによる色素沈着を防ぎます。

ニキビ

アロエは、ニキビ治癒に必要な殺菌・抗炎症作用を持っているため、赤ニキビを鎮め、ニキビ跡を目立たなくするにも役立ちます。
また殺菌作用を利用して、ニキビのできにくい肌にしていきます。

アトピー性皮膚炎

アロエに含まれるムコ多糖類は保湿剤としての効果が高いので、かゆみや炎症を抑えてくれるでしょう。
その他殺菌抗菌作用は、皮膚炎を悪化させる原因と言われる黄色ブドウ球菌に対しても効果的です。

乾燥肌

ムコ多糖類の持つ優れた保湿力。さらにコラーゲンを活性化させて増やす効果があると言われています。
その他ビタミンやミネラルなどを豊富に含むアロエで潤いに満ちた健康な肌に導くことができます。

クロレラエキス


湖沼、河川、湿地などに生息している淡水性の緑藻食物クロレラから抽出したエキスです。
肌の細胞を活性化させ、保湿にも効果があるとされています。
さらに乾燥から肌を守り加齢によるシミやシワ、くすみなどを防ぐものでもあります。
健康食品にも使用されるようなもので安全性も高いです。

コメヌカ油


その名のとおり米ぬかから得られる油性成分です。
食用としても使われることがあり、日本では昔から化粧落としや髪油、入浴剤にも使われてきました。
コメヌカ油はビタミンやオレイン酸などを豊富に含み、バリア機能をサポートする上に、肌のシミを抑えたり、アンチエイジングの効果がある事が分かっています。

白雪美白の成分まとめ


主にトラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリルを中心として、メラニンの生成を防いでシミやそばかすのケアをし、それに伴って美白を促すようなものだというのがお分かりかと思います。
そして安全性の高い天然由来成分で肌をきっちりガード!
さらに防腐剤を入れないパラベンフリーや、アルコールフリー、合成着色料も入れずに徹底的に肌のことを考えて作られたものとなります。
敏感肌の方にもお勧めできるものですので、一度使用を検討してみてください♪

>>白雪美白の口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です