白雪美白でシミ・シワ対策!シミ・シワができるメカニズムを知ってさらに効果的に対策する方法

透き通るように透明感があり、きれいな肌は女性の「美」にとってかなり重要な要素。
肌がきれいだと清潔感にあふれ、実年齢よりも若く見えます。

しかし肌にシミができてしまうと、肌荒れしていなくても肌はあまりきれいには見えず、それだけで「老い」を感じさせる要因になってしまいます。
しかも厄介なことに、一度出来てしまったシミは消そうと思ってもなかなか消えません。。

白雪美白はそんなシミに対して効果的に作用して改善させることができるのですが、そもそもシミとはどんなものなのでしょうか?また、何故できてしまうのでしょうか?
今回は通常よりも効果的にシミ対策できるようにシミのことを知り、どうすればシミを改善したり予防したりできるのかをご紹介いたします。

 
白雪美白の詳細はこちら

シミって何?


シミとは何でしょうか?
もちろん、顔や体に発生する皮膚よりも色の濃い斑点で厄介なもの、ということは誰しもが知っていることだと思います。
しかしそんなシミにもいくつかの種類があり、何故できるのか?ということはあまり知られていません。

シミの種類

■日光黒子(にっこうこくし)
原因:紫外線

シミの多くがこのタイプです。日光性黒子、または老人性色素斑とも呼ばれます。
見た目は淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手や背、前腕、上背など、比較的露出しやすい部分の肌に多く発生します。
特に中年以降に増え、主に紫外線が原因とされています。

 

■雀卵斑(じゃくらんはん)
原因:遺伝

ソバカスのことです。直径が数ミリ以下と、小さく丸い茶褐色の斑点で顔の頬や鼻の周りに多く出ます。このシミは遺伝性が強く、早ければ3歳頃から見られ、思春期に目立つようになってきます。

 

■炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
原因:やけど、ニキビ、かぶれなどの炎症

やけどやニキビ、化粧品を使った事によるかぶれなど、肌がダメージを受けて炎症を引き起こしてそれが治った後に生じる褐色のシミです。外傷によるシミなので年齢や性別、部位に関係無くできますが、時間が経つにつれて徐々に薄くなっていくことが多いです。

 

■肝斑(かんぱん)
原因:ホルモンバランス

主に女性の顔に多く生じるシミです。妊娠・経口避妊薬などによって誘発、あるいは悪化するので女性ホルモンが関係して生じると言われています。
女性ホルモンに関係していますが、太陽光からの紫外線でも多少悪化します。
薄い褐色をしており、頬骨に沿って左右対称に発生します。その原因から、高齢者にはほとんど見られません。
レーザー治療をすることでかえって悪化するとも言われています。

 

シミができる原因

紫外線から皮膚を守るメラニン色素

皮膚は一番外側にある表皮、その次にある真皮から成っています。
そのうち、シミに深く関わっているのは表皮の方です。

表皮は大きく分けて「ケラチノサイト(表皮細胞」と、表皮の一番下の基底層にある「メラノサイト(色素細胞)」という部分からできています。
肌が紫外線を浴びるとメラノサイトで「メラニン」という色素が作られます。それが上にあるケラチノサイトへと送られ、紫外線を遮る役割をして細胞核を守ります。

これがシミの原因です。

 

ターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素がシミになってしまう

皮膚の細胞は、正常な状態ですと約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。

【ターンオーバー】

ターンオーバーとは、表皮の一番下にある層「基底層」にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最終的に剥がれ落ちていくこと。
これにより、皮膚は約28日周期で新しい皮膚へと生まれ変わります。

 
様々な要因でメラニンが過剰に生成されてしまい、ターンオーバーの28日サイクルが乱れて新陳代謝が滞ってしまうと、本来剥がれ落ちていってしまうはずのメラニンがそのまま剥がれ落ちず残ることになり、色素沈着してシミとなってしまいます。

シミができる主な原因は紫外線です。
日々の生活の中で長年紫外線を浴び続けることで肌は徐々にダメージを受けていきます。すると皮膚細胞の再生能力が低下してメラニンを外に排出する力が弱くなります。
これは光老化と呼ばれています。

また、タバコやストレスは皮膚の老化を早める原因の一つである「活性酵素」を増やします。
この活性酵素はメラノサイトを刺激するので、メラニンが過剰に作られてしまいます。
不規則な生活や過労によって血行が悪くなってもメラニンの排出が遅れてしまう結果となります。

(参考:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/15_shimi/index1.html

 

シワができる原因


主な原因


シワは、皮膚が老化することによって発生します。
真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが加齢によって減少したり変性したりすることで肌の弾力は失われていきます。

この老化はシミと同様に「紫外線」によるものが大きいとされています。
一般的には紫外線は肌を黒くしたりといった日焼けのイメージがありますが、肌を光老化させることでも知られています。
体の部位の中でも顔は得に紫外線を浴びやすいので光老化しやすく、その分シワができやすくなります。

 

シワのメカニズム

紫外線によるシワ

健康で異常のない真皮はコラーゲンがしっかると集まって束になっていて、真皮を支える手中のような役割をしています。
その支柱の間を、エラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。
そこに紫外線が当たると、コラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させてしまう酵素が分泌されます。
その結果皮膚が弾力を失ってたるみ、シワとなります。

紫外線は数分間浴びただけで数時間後には皮膚のコラーゲンを切断する酵素が作られ始めるのですが、これが長年続くことによって常にコラーゲンは切断された状態になります。

子どもや若年期は肌のターンオーバーが活発なのでコラーゲンやエラスチンに影響が出てもすぐに新しい線維が形成されるため、シワができにくいです。
しかし年齢を重ねると肌のターンオーバー能力は徐々に弱まり、傷ついた線維がそのまま残ってシワとして蓄積されていきます。

 

乾燥によるシワ

シワには紫外線の他に肌が乾燥することによっても引き起こされます。
肌が長時間乾燥すると、肌の一番表面にある角質層が乾いて剥がれやすくなり、すき間ができます。
このすき間から肌の水分が蒸発してしまうため、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、小じわができます。

本来、肌の角質層には水分が蒸発するのを防いだり、外からのダメージを防ぐバリア機能があり、肌を守っています。
このバリア機能も年齢を重ねる内に弱まります。

 

その他の原因

■活性酵素
ストレスや喫煙などで活性酸素が発生します。これにより肌が酸化し、真皮層のコラーゲンが変質して硬くなり、弾力が無くなります。

 

■角質や真皮層の弾力低下
加齢により、角質層の天然保湿因子や細胞間脂質の量が減ってきたり、真皮層のコラーゲンやエラスチン、その間を埋めるヒアルロン酸などの量が減少して肌の弾力が低下してきます。

 

■女性ホルモンの減少
女性ホルモンは皮膚の弾力を支える真皮層コラーゲンやエラスチン、角質層のヒアルロン酸の生成に関わってきます。女性ホルモンは20代から30代前半をピークに減少し始めます。

 

■顔の筋肉の緊張
顔をしかめたり笑ったり。これらは時代に眉間や目じり、額などに「表情じわ」となっていきます。

 
(参考:https://www.anti-ageing.jp/cause/skin/wrinkles/

 
白雪美白の詳細はこちら

白雪美白によるシミ・シワ対策


シミやシワは様々な要因によって引き起こされるものですが、白雪美白はこれらに対して有効に作用します。

▼関連記事▼

 
シミやシワは長年蓄積された肌へのダメージによって起こることが多いので、一度できてしまうとなかなか改善されない厄介なものです。
しかし白雪美白を使ってケアをすればそんなシミやシワでも改善することが期待できるので、肌の老化が気になる方や肌を若返らせたい方は一度白雪美白を試してみてはいかがでしょうか?

 
>>白雪美白の口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です