白雪美白にはどんな効果があるのかを調査してみました!

日々生活しているだけで、肌は乾燥や紫外線など、様々なダメージを受け続けています。
これらが蓄積すると徐々に肌は老化していき、シミやシワが増えていって見た目も悪くなってしまいますよね。

これらのことを防ぐために多くの女性は肌を入念に手入れしていると思います。
しかし入念の手入れというのは、時間がかかってコストもかかるもの。

できれば時間や手間をかけず、コストもできるだけ抑えながら肌をしっかりとケアしたい。
多くの女性がそう思うのではないでしょうか?

それを可能にするのが『オールインワン化粧品』です。
その中でも「白雪美白」は紫外線ケアを研究してきたホワイトヴェールから誕生したオールインワン化粧品で、かなり効果が高いと話題になっています。

今回はそんな白雪美白の効果・効能についてご紹介します。
白雪美白には本当に効果はあるのか?また、実際に購入して使ってみようか迷っているという方はぜひ参考にしてみて下さい。

 
>>白雪美白の詳細はこちら

肌が老けて見える原因は?


白雪美白の持つ効果を紹介する前に、まず肌が老けて見た目が悪くなってしまう原因は何なのか?ということを簡単に説明いたします。
肌が老けて見えてしまう原因はいくつかあります。

 

肌の水分が失われる事による『乾燥』


肌は普通に陸上で生活しているだけで、常に乾燥してしまう状況にさらされています。

肌が乾燥すると皮膚の水分が失われて小じわが目立ちやすくなってきます。
特に、目元は皮膚が薄いのでシワができやすく、口元も笑ったりなどして動きが激しい部分になるのでシワができやすいです。

また、乾燥はシワを作るだけではありません。
肌は正常であれば約28日前後で徐々に新しい皮膚へと生まれ変わっています。この働きを「ターンオーバー」といいます。

この働きにより、肌がダメージを受けたとしても生まれ変わることができるので、健康でトラブルの無い肌を維持することができます。
しかし乾燥はこの肌のターンオーバーの周期を遅らせる原因となります。

ターンオーバーが遅れるとすぐに剥がれ落ちる予定だった古い角質が長く肌にとどまるようになってしまい、そのことでシミの元凶である「メラニン」がいつまでも肌に残って、やがては肌に色素沈着を起こしてしまいます。
肌に色素沈着が起こるとシミやくすみがそのまま肌に定着してしまうという事になります。

それ以外にも、肌の表面が乾燥した状態が続くと肌の内部の水分を保持することができなくなります。
肌の内部の水分は内側から皮膚を柱のように支えているのですが、これが無くなることで肌のハリは失われ、たるんでしまいます。

 

太陽からの『紫外線』


生活していると、どうしても太陽に当たることは多くなります。
太陽光には紫外線が含まれていますが、この紫外線も肌の乾燥を招き、いろいろな肌トラブルを起こします。
さらに紫外線は肌の乾燥だけでなく、「光老化」を引き起こして肌にシミやシワ、たるみを発生させてしまいます。

■光老化とは?

光老化は、年齢によって起こる一般的な老化とは違い、紫外線に対する防御反応で皮膚が厚く色濃くなることが特徴です。
また、真皮では皮膚の弾性線維が固まって光線性弾性線維症という状態になります。
光老化であらわれる症状には35歳前後から目立ってくるシミ、深く大きなシワ、皮膚のざらつきやくすみなどがあり、紫外線にさらされる部分に症状があらわれます。
(引用元:スキンケア大学

 

一番厄介なのはUV-Aと呼ばれる紫外線で、表皮だけでなく肌の奥まで到達して、肌のハリを保つために必要なコラーゲンやエラスチンなどの成分を変性させてしまいます。
この結果、肌は弾力を失いシワやたるみが発生してしまいます。

肌の老化は自然な老化が2割、光老化が8割と言われているので、この光老化を食い止めることができれば肌の若返りにかなりの効果が期待できることになります。

 

白雪美白の効果・効能


白雪美白の効果としては、皮膚の深い部分にあるシミの元にまで届いて徹底的にケアできる「シミ消し」の効果、美白のための有効成分によってシミを予防することができる「美白」効果、外的な要因から内的な要因まで様々な原因によって引き起こされる「肌荒れを予防する」効果があります。

白雪美白は98%が美容成分でできていて、美白に対して特に有効な成分がたくさん使われています。
特に以下の2つの成分は美白への効果が正式に認められており、効果が高いと言われています。

 

トラネキサム酸


トラネキサム酸は、肝斑(かんぱん)の改善薬としての効果が認められている成分。もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で使われてきた薬です。じんましんの治療として患者さんへ処方したときに、肝斑の改善にも効果があることが発見され、2007年に一般用医薬品として新たな効能が認められました。医療機関でも、肝斑であると診断された患者さんにトラネキサム酸を処方してきた実績もあります(保険適用外)。

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが一つの要因といわれていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンに直接影響するのではなく、メラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、色素沈着抑制効果を発揮して肝斑を改善します。
(引用元:第一三共ヘルスケア

 
年齢を経ると女性の肌にできやすい肝斑。これもシミですが、トラネキサム酸はこれに対しても効果があると認められていて、肌を白く美しくする効果があります。

 

グリチルリチン酸ステアリル


グリチルレチン酸ステアリルの働きは、グリチルリチン酸2kの約2倍の強い抗炎症作用で、医薬部外品の有効成分となっており、グリチルレチン酸ステアリルが配合されている化粧品は医薬部外品の化粧品となります。
皮膚の消炎やかぶれ防止、ニキビの予防や悪化防止目的でクリームや乳液、オイル系製品などに使用されます。
(引用元:化粧品成分オンライン

 
グリチルリチン酸ステアリルはニキビなどの肌トラブルの予防や悪化を食い止める性質を持っています。
人体に対して改善効果をもたらすことが国によって認めらている「医薬部外品」なので、安心して使うことができます。

 

肌をきれいにして整える自然由来の成分


白雪美白にはトラネキサム酸やグリチルリチン酸ステアリルといった有効成分の他にも様々な美容成分が含まれています。

・ユキノシタエキス
・ボタンエキス
・アロエエキス
・クロレラエキス
・コメヌカ油

 
さらに白雪美白は肌への優しさも考慮されていて、パラベンフリー、アルコールフリー、合成着色料フリーといった、肌への悪影響が考えられる成分が徹底的に排除されているので安心して使うことができます。

 
>>白雪美白の詳細はこちら

白雪美白にはどんな効果があるのかを調査してみました! まとめ


肌は空気の乾燥や紫外線など、常に何らかのダメージを受ける環境にさらされています。

それらのダメージをケアするためには日頃から入念にスキンケアを行っていく必要がありますが、スキンケアには化粧水や美容液、乳液などを使わなければいけません。
これらをちゃんと行うには最低でも3本以上の基礎化粧品が必要になり、それらを使ってケアをしていると手間や時間がかかり、複数の基礎化粧品を用意しなければいけないことでコストもかかってきます。

しかし、白雪美白はオールインワン化粧品ですので複数の化粧品を用意する必要が無く、これ一つでスキンケアを行うことができます。
さらに白雪美白はスキンケアにかかる手間などを省くだけでなく、美白や美肌に有効な成分をたくさん配合しているのでシミやシワ、肌荒れに対してかなり高い効果が期待できます。

スキンケアをしっかりとしたい、でも手間やお金がかかるのはちょっと・・・という方は白雪美白を試してみてはいかがでしょうか?

>>白雪美白の口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です